<< meguriya スイーツ教室 ツリーハウス >>
お店ができるまで
ジイジの株を上げるネタばかりもなんなので
その血をしっかり継いだ私の旦那さんのお話で
今日は、旦那さんの株も上げさせていただきます。(笑)




b0259851_234492.jpg








... 大阪で10数年前(旦那さん23歳、私26歳)
に知り合った私たち。
当初から地元渥美にお店を建てる
と言っていた真面目な彼は
仕事をしながら
狭いワンルームに住みながら、
そのための資金をコツコツ貯蓄する日々でした。
若いのにえらいな~って感心していた私ですが
後に、その極狭ワンルームで
私も暮らすことに。(笑)


親からなど一切の援助なしに
少ない資金で小さく
私たちらしいお店が
作れたらいいね。

ということで
お店の内装、外構はすべて
主人と私で作り上げました。
内装に関してはほぼ、主人一人。
画像に写っている、
土方のお兄ちゃんは、
私の旦那さんです。



テラコッタをセメントで貼ったり
1枚1枚、床を貼ったり
天井をペンキで塗ったり
壁を珪藻土で塗ったり
入口の階段にセメントでレンガを並べたり
看板を作ったり
塀を建てたり塗ったり
芝生を敷いたり
什器を作ったり・・・
途中ハシゴから落下して
ペンキをかぶるという
ハプニングもありつつ・・・


毎日毎日・・・
オープンが近づくにつれて
作業は夜中の3時まで続きました。
jetchのjの字の一部が、☆になっているのは(←HPの)
この時の気持ちを忘れないためにと
私がお願いしたもの。

もうすぐ完成するお店に
夢と期待と不安を募らせながら
深夜3時の星空を毎日眺めたこと。
渥美の星空は格別綺麗で
大阪では味わうことのなかった澄んだ夜空には
星がくっきり浮き出されていたこと
今でも印象深く残っています。

あれからもうすぐ5年・・・・
まさかこんなにたくさんの方と
繋がれるとは夢にも思いませんで。
小さく作ったお店が
今では少々手狭にさえ
思うときもありますが

これからも
自分たちの手で作った
お店を愛しみながら
皆さんと一緒に
お店も一緒に
歳を重ねて行けたらと
願う今日この頃でございます。


さて、主人の株を上げたところで
ちょっと買っていただきたいものもありますし・・・
今後の主人の反応に期待♡ 

[PR]
by jetch2 | 2013-02-03 23:05 | diary
<< meguriya スイーツ教室 ツリーハウス >>